ぷによ文学に戻る

きんのONお
作:@qqq_kishan     


ありところに、ちょぢきな木こりとぷによがおりまちた。
ぷによの弟わ木こりおもっこりとよんでゲラゲラわりたので、おこた木こりに斧で頭お叩き割らりてちまいまちた。いぢわるおちてわいけないのに...


ありひ、ちょぢきな木こりわ木おこていりと、おのがぴゅーてとんでちゃたでつ。
木こりわ
「おのわどこ...でてこないいわいぢわるなのに..」
といてありきまわりまちた。
つるとちかくのミヂーミから
「アヂャッ!」
とこいがちまちた。
木こりがそちえいくと、ミヂーミのよこにわルナがいまちた。
ルナのあたまにわ、木こりのおのがつちささていまちた。
「アヂョオオオ!!アアアアアアアアア!」
ルナわちまみりでつ。木こりわこわいいでびっくりちておのおとりまちた。
つると出血がいっそう激しくなりルナわ失血死ちちゃいまちた...きよわいぢわるがいぱいでいぢわるだね...
木こりわもとびっくりちてルナの財布や装飾品を奪うと死体に岩を括り付けミヂーミに捨てまちた。


木こりわ奪った金でとなりのまちのおのやさんできんのおのおぽかいももちておうちにかえりまちた。
そちてきよあったことわないちょにちてきんのおののどおわおみんなにおはなちちてほんとということにちまちた。何がちょぢきな木こりだ。
ぷによわおはなちおきて
「ハゲンダツと単位おなぎたらきんのハゲンダツと卒業資格がもらいり!?」
とききまちた。木こりわ
「いいんだぜ」
といいまちた。
そりおきいたぷによわおおよろこび、さそくミヂーミえいきまちた。


ミヂーミについたぷによわハゲンダツおミヂーミになぎまちた。
しかしちょぢき木こりのいてたママ...わでてきません。
単位もなぎないとだみ?とおもたぷによわ単位お1こも修得ちてないことにきずきまちた。(※このお話はフィクションです。実際には6単位取ってます。)
ハゲンダツおたびりできないいになちゃたぷによわ
「いぢわるおちてわいけない!!アンアア泣!!チンチチ涙!!」
てないちゃただよ(˃̶᷄ ﹏ ˂̶᷄⌯)
つるとそこにおまわりさんがきまちた。
「ぷによちゃんぢゃないか。どうちたの?」
「ミヂーミがハゲンダツたびちゃた!!いぢわる!!」
「アヂャヂャ...おまわりさんがとてきてあぎまつ。」
「☀~」
おまわりさんがミヂーミにあみおなげてひぱるとちんぢゃたルナがでてきまちた。
「アヂャッ!?」
ぷによわおまわりさんにつかまちゃいまちた。
そちて神☀♨大学にもでんわがあてぷによわたいがくになちゃただよ!いぢわるおちてわいけない!!(完)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-08 (水) 02:42:18 (1023d)